ウォーターダイレクト口コミガイド

ウォーターダイレクトの電気代はいくらぐらいかかるの?

ウォーターダイレクトは、富士山のふもとから採れた、「こだわりの天然水」で主にバナジウムなどミネラルをたくさん含んで、健康にもダイエットにも有効です。
また、他社では難しい非加熱処理を行うことで、お客様に栄養分を生かしたままお届けすることが可能となりました。
 さらに、ウォーターサーバーの手数料を水本体に加えて請求するのみで、配達料金や入会金、解約金と例外のケースを除き、お客様には全く請求いたしません。
 ここまでウォーターダイレクトの特徴を挙げていきましたが、やはりどうしても穴があるのではないかと思うのが人の性だと思います。
 では、ここで盲点となりがちなサーバーの電気料金について述べてみます。

 

ウォーターダイレクトのウォーターサーバーの電気代は
一般家庭において月額1000円くらいを目安にしています。
「月額1000円もかかる」
とお思いになるのはまだ早いのです。
ウォーターサーバーをお使いになることで同じくらい電気料金がかかる電気ポットが不要になります。
また、冬場でのコンロをつかった湯沸しや
夏場では、水を冷やすための冷蔵庫の開閉が減ります。
さらに、ペットボトルについても回収いたしますので、その手間が省けます。
このウォーターサーバーの電気代を惜しむことで、
スーパーまで買いに行くこととなりそのガソリン代と体力と時間がもったいないと
思います。
そこまで考えると電気料金が月額1000円だということはかなりお得なのです。