ウォーターダイレクト口コミガイド

ウォーターダイレクトの水は料理に使うと美味しくなる?

水と料理の関わりは深いものです。

 

水の良し悪しによってその料理の美味しさは決まるほどです。郷土料理は、いくら調理法を真似たとしても、その土地に行かなければその郷土料理の本当の美味しさが味わえないといわれています。その郷土料理のおいしさは、その土地の美味しい水で育ったものを食材として使用し、さらに、その土地で愛されている水を使って料理されているからなのです。

 

では、水の美味しさの原因はなんなのでしょうか?これは水に含まれるミネラルが美味しさの原因のひとつと考えられています。

 

ウォーターダイレクトにも含まれているミネラルが原因というのはどういうことでしょう?

 

ミネラルが美味しさを左右させる例として、お茶を上げてみましょう。

 

緑茶は日本で飲まれていて、紅茶は欧州で飲まれていました。これらの違いは水に含まれている水の違いであるともいわれています。一般的に、日本では軟水が使用されていて、欧州では硬水が使用されているといわれています。軟水か硬水かの違いはミネラル分の含まれている量がことなることです。

 

そのため、 緑茶でも軟水が用いられ味はまろやかに仕上がっています。仮に 硬水で緑茶を作ってみますと渋みが出て本来の味とは程遠くなってしまいます。逆に紅茶は、硬水ではその紅茶の香りがよく引き立てられます。しかし、軟水では、その香りが薄くなってしまいおいしくありません。

 

これらは、その含まれているミネラル分によって味が左右されているという事を示しています。

 

日本調理に使う水はどちらが良いのでしょうか?それはいうまでもなく軟水なのです。昔から親しまれていた水でなければ日本の調理法を使ったとしても美味しさが表現できません。

 

 ウォーターダイレクトは、そんな日本人に昔から愛されていた軟水の天然水なのです。適度なミネラルに含まれた、カルシウムは肉としっかりすることで肉汁を閉じ込めます。また、マグネシウムは炊飯において保水効果があるため美味しさを維持することに適しています。